相武紗希 姉 甥


 

【姉】

音花ゆり

相武紗希さんには、元タカラジェンヌの姉が一人います。

姉は「音花ゆり」という娘役の名前で、本名は「相武由莉(あいぶゆり)」というそうですよ。

ちなみに2歳年上とのことです。
お姉さん、目鼻立ちがしっかりしていて、すごく美人ですよね!
さすがは相武さんの姉と言ったところでしょうか・・・

実はお母さんも元タカラジェンヌで、名前は朱穂芽美というそうです。
姉は中学生の頃から、日舞や声楽が得意だったようですね。
昔から演武の才能があったみたいですね。
その才能に嫉妬してか、相武紗希さんは宝塚に入るのは辞めたみたいです。
相武紗季の実姉音花ゆりは、小学校高学年から宝塚コドモアテネに通い、

日本舞踊やバレエなどに才能を発揮。その後宝塚に入団した。
そんな姉をいつもライバル視していたのが相武紗季さん。

相武紗希2
姉と同じ分野ではかなわないと、おもっていた矢先父親に「姉のように歌いなさい」と注意されたことに反発。
宝塚へは見切りをつけ、シンクロナイズドスイミングをはじめたんだとか。
姉と比較されるのは辛いものがありますよね。
命令されたことって反発したくなりますよね。

その気持ち、すごく分かります。
また、姉はCD(Quatre Saisons)も出しているみたいです。
華城季帆・晴華みどり・音花ゆり・和音美桜の87期4人による、

美しく懐かしい四季折々の唱歌・童謡CD。やはり歌がうまいんですね。

春の小川や夏の思い出、千の風になってなど有名な歌を歌っていますよ。
姉の出身中学校は、「雲雀丘学園中学校」とのことです。
中学卒業直後に宝塚歌劇団に入ったそうなので、高校は行ってないみたいですね。
また、姉は2015年5月に宝塚歌劇団を退団されており、

現在はトークショーの司会やコンサートの公演をしているみたいです。
宝塚を退団された時のメッセージも感動的ですよ。

 

【相武紗希】

相武紗希3

本当に今までずっと応援し支えてくれた大切な妹…

彼女のお陰で学んだ事や頑張らなきゃって思えた事、背中を押してもらえた事は少なくありません。
感謝してもしきれない、たくさんの想いを注いでくれる、姉のような妹 あの涙に私も胸がいっぱいでした。

紗季ちゃんと姉妹で本当に幸せです。
妹想いのお姉さんですね、由莉さんは。相武さんもこのメッセージをもらって、すごく嬉しかったでしょうね。

【甥】

お姉さんは元タカラジェンヌで現在未婚なので子供がいるはずがありません。

噂が広まった理由として、

姉が「ロミオとジュリエット」で甥のティボルトと恋をするキャピュレット夫人を演じたからのようです。
甥にしてはデカイような気がしますが・・・
本当は姉には甥はいないみたいです。

:

【まとめ】

相武紗希さんとお姉さんは目に見えないほどの固い絆で結ばれている。

相武紗希さんには甥はいない。お姉さんが演じた役からこのような噂が立つことに

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。