NEWS小山慶一郎は、父親との間にとんでもない確執があると言われている。その信じられない内容とは?


【小山慶一郎】

1月20日深夜放送のTBS系「NEWSな2人」では、親に人生を狂わされた子供の訴えを特集した。

右の耳の上を若干刈りあげた奇妙な髪型で登場していた。
レギュラーのNEWS・加藤シゲアキさんはデモ・ジャーナリストの役回りで、

介護現場に手伝いに行って大変さを体験していた。

 

NEWS小山慶一郎さんが、父親の暴力を見かねて小5にして「オレが離婚を決めた」と衝撃告白

1月20日深夜放送のTBS系「NEWSな2人」では親に人生を狂わされた子供の訴えを特集した。

今回は6人の一般人の若者が登場し、
「キラキラネームをつけられた」「親が有名人」「親の介護のための離職」

「父親の暴力」「父親が殺人犯」など、

闇を持つ親子関係に苦しむ子供たちの問題を取り上げた。
MCのNEWSの小山慶一郎さんは右の耳の上を若干刈りあげた奇妙な髪型で登場していた。

レギュラーのNEWS・加藤シゲアキさんはデモ・ジャーナリストの役回りで、

介護現場に手伝いに行って大変さを体験していた。

父親の暴力で苦しんだ体験を語った若者とのトークで、両親の離婚を経験した小山が自分の体験を語り始めた。

「僕もほとんど同じ経験をしていて、僕も小さい時に、親父がそういう人だった。

で、オレは小学校5年生の時に、『おかんを守るから』、

親父に『お前出て行け』と。オレが離婚を決めた」と語り、

小山は微かに笑って、真剣に話し始めた。「で、母ちゃんに『別れろ』と。

 

『親父といても母ちゃんが幸せになる気がしない』って。ということで、

オレも小学校5年生の時に離婚をして、ずっと親父を憎んでたし、

親父に会いたくなかったし、親父と話したくなかったし。

でも、どっかのタイミングで、親父の気持ちが分かっちゃう時がある。
不思議なことに。たぶん理由がある。だから、考え方で、たぶん親父と話せる時が来る。

 

オレも話せたし。そん時オレ、全部言った。そしたらもうスッキリするし、

男同士の話ができちゃう。ふざけんなよ、親父」小山はスタジオの若者に、

「そうすると、何かから救われる気がします」とアドバイスしていた。
「結果的に、息子だから、母ちゃん幸せにすればいいと思うんです」

 

小山は2016年12月29日放送の「NEWSな2人年末SP」で、

離婚後女手一つで苦労しながら自分を育ててくれた母親への想いを語っていたが、

その時には両親の離婚の経緯は明かしていなかった

(2016年12月30日付「『NEWSな2人SP』で小山慶一郎が

シングルマザーの母への想いを語りスタジオ一同感動。小山のMCがどんどん上手くなっている」)。

:

【NEWS】

2017年2月8日発売シングル「EMMA」の標題曲は、

加藤シゲアキさん出演のフジテレビ系ドラマ「嫌われる勇気」(木曜22時)のオープニングテーマ曲。
初めて4人で歌った「さくらガール」「I・ZA・NA・I・ZU・KI」を収録されています。

【まとめ】

どんなに苦境の中にいても小山慶一郎さんのようにいつか笑って話せるときがくるといいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。