ドラマ真昼の悪魔で魅せる演技に驚愕!!清純派女優田中麗奈の発言に異変が・・


【真昼の悪魔】

真昼の悪魔

2017年2月4日(土)夜11時40分からスタートの大人の土ドラ枠ドラマ「真昼の悪魔」
(東海テレビ・フジテレビ)は、作家・遠藤周作氏原作の医療ミステリーです。
主役の美人外科医役を演じる田中麗奈は、本作で医者役に初挑戦。

 

長い間、午後の主婦たちを虜にしてきたフジテレビ

(東海テレビ制作)の“ドロドロの昼ドラ”が終了し、
2016年4月から「オトナの土ドラ」として土曜日の夜にお引越し。

その第1作目として、ユースケ・サンタマリアさんが

主演のサスペンスドラマ「火の粉」が放送されました。

原作が良かったこともあり、土曜の夜にピッタリの、ハラハラ

ドキドキなサスペンス要素が高評価を得た作品でもありました。
今回、その「火の粉」のスタッフが再集結したのが本作「真昼の悪魔」です。

主役の田中麗奈さんが演じるのは、優秀で評判の良い美人外科医。

しかし、その裏の顔は良心の呵責を感じることがなく、人の苦しむ表情を見て

“ワクワクする”というサイコパス。“悪”とはかけ離れた清純派

のイメージが強い田中麗奈さんが、一体どんな“悪意”を表現し、

“真昼の悪魔”を演じるのか…展開が気になる作品になりそうです!

田中麗奈 真昼の悪魔

 

【ドラマ】

作家志望の青年・難波聖人は、腹部に激痛を

覚え関東女子医大付属第三病院に駆け込んだ。
外科部長が同じ大学の山岳部OBだったため、面識があったからだった。
対応したのは美人外科医・大河内葉子。

激痛を訴える難波の症状を素早く

診断し、的確に処置していく…。


難波には、地獄に現れた女神のように感じた。
手術が成功し入院することになった難波。

病室を整理した際に、引き出しの奥から病室名

と患者の名前が書かれたメモ用紙を見つけた。

興味を持った難波は、仲良くなった清掃員の芳賀明善に調べてもらうことに。
判明したのは、メモに書かれていた患者は、全員亡くなっていたことだった。
さらに病院内ではトラブルが相次いでいた。

医療事故に遭う認知症の老婆。謎のアレルギーで死の淵をさまよう少女。

 

偽カルテで病状が悪化していく患者…。
不可解な事件の数々は、誰かの悪意の仕業

なのか、そこにはどんな意図があるのか…。

田中麗奈 真昼の悪魔3

 

【原作】

原作は、数多くの作品を残した著名な作家・遠藤周作氏が、

1980年に発表した同名小説「真昼の悪魔」です。

:

 

【田中麗奈】

(たなかれな・1980年5月22日生・36歳 )※年齢はドラマスタート時

“悪女”のイメージがなかった田中麗奈さんが、

悪女どころか“悪魔”を演じるドラマ「真昼の悪魔」。

役どころはというと、優秀で患者にも信頼されている

美人外科医…なんですが、その裏の顔はサイコパスという・・・

サイコパスなんてそうそう身近にいるものじゃありませんが、

まさかの医者がサイコパスだなんて、目も当て

られませんし、悲劇しか想像つきません!

 

【まとめ】

サイコパス別名、精神病質。清純派女優の田中麗奈さんは

ドラマの中で、普段の田中麗奈さんからは見られない

ような無感情で非道徳な姿をみせられた。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。