シャルケ内田篤人復帰試合で2アシスト!!待望のコメント


【内田篤人】

内田篤人4

どれほど待ったのか、もはやわからなくなっていました。

それほど長い間、内田篤人はピッチから遠ざかっていました

しかし、12月8日ヨーロッパリーグ・グループリーグの
シャルケ対ザルツブルク戦で…

内田篤人は1年8ヶ月ぶりに復帰します!

2015年3月に右膝を負傷して依頼、復帰が伝えられては、
延期となるのが何度も繰り返されました。

一体、内田篤人が復帰するまでにはどのような経緯があったのでしょうか…

膝蓋腱の炎症が内田篤人に与えた影響…

内田篤人が右膝の膝蓋腱に抱えている炎症は、
サッカーやバスケットボール、バレーボール選手には非常に多い怪我です。
この膝蓋腱は膝下の骨や筋肉を吊り上げながら、
大腿の筋肉を支えたり収縮を手助けするような役割を果たしています。

内田篤人

【復帰】

中には膝の皿を丸ごと摘出してしまうようなサッカー選手もいます。

そして、内田篤人の場合も引退の可能性が噂されています。

内田篤人はいかにして膝の怪我から立ち直ったのか?

いずれにせよ一年以上にわたる大怪我から復帰への第一歩を果たした
内田篤人ですが、報道陣に対して胸のうちを告白しました。
まず、内田篤人は怪我の状態ながらもチームの状態を知ってもらい、
一員としての意識を持ってもらいたいとの意味を込めて自分を召集してくれた
ハリルホジッチ監督に感謝の言葉を述べました。

:

「一人でリハビリをやるより、外でみんながサッカーをやっている中、
同じグラウンドでやらせてもらえるのはありがたい」

内田選手の復帰試合はこちら↓ ↓ ↓

https://www.youtube.com/watch?v=inX77JvHvgM

関連記事はこちら↓ ↓ ↓

難病はデマ!!なぜ清武弘嗣は移籍するのか?

内田篤人はこう話したようにリハビリというのは一人で行うより 、
複数人で行うほうがよいと言われています。
リハビリはどうしても孤独な戦いになりがちなため、
肉体的というよりも精神的に選手が消耗してしまうことが多いのです。
サッカーの世界では内田篤人と同じような怪我から復帰することができずに、
そのまま引退という道を選択した選手もたくさんいるのです。
それだけリハビリという営みは精神的に過酷なのです。

内田篤人3

【コメント】

現に内田篤人ははーどなメニューをこなしている日本代表の

同僚たちをちゃかすなど、「らしい」一面を見せています。

どうやら、この合宿を通して日本代表チームの一員であることを強く認識し、

精神的にも明るさを取り戻しつつあるようです。

一方で当選1年以上戦列を離れたことによる焦りもあるようです。
本人はこの一年間の離脱を彼らしい表現でこのように語っています。

「サッカー選手自体、現役でやれる時間が少ない中で、1年、
2年を無駄にするのは、普通の社会人で言えば10年ぐらい何もしていないということ。

取り返すのは大変だけど、やらないといけない」

【まとめ】

怪我から復帰しブランクがあるにもかかわらず

結果を残せたのは謙虚な姿勢で試合に臨めたことが

関係しているかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。