人気俳優菅田将暉のエロいキスシーン集!


 【菅田将暉】

菅田将暉6

その菅田将暉さんが映画でのキスシーンがあって、
多部未華子さんは会社の先輩や後輩や同僚関係で焼き肉を食べいるところでした。

菅田将暉さんは多部さんに心を寄せているという設定なんですが、
お酒も飲んで酔っ払いの中でキスをしてしまうんです。

そういうストーリーはすぐ肉体関係を持ちたがる男性と、
やっぱり恋愛して好きな男性とキスをしたいと思う女性の気持ちの逆的なところで
現れてしましますよね。

動画はこちら↓ ↓ ↓

関連記事はこちら↓ ↓ ↓

http://niche01-k.com/archives/1263

2016年だけで8本の出演映画が公開され、誰もが人気俳優として認める菅田将暉さん。

auのCMで演じた「鬼ちゃん」で一躍認知度を上げたが、
デビューは2009年の「仮面ライダーW」。

【キスシーン】

その後、映画「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、
テレビドラマ「民王」に出演した際には20代のサブカル層を中心に人気を獲得。
シリアスな作品から大衆向け作品にまで幅広く出演し、
主役を食うような演技は、公開されるたびに話題に。
そして、その演技の中で見せるキスシーンが女性の間でかなり注目されているのだ。

まず、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した「共喰い」。

そんな映画出演の後、「あのキスは素敵」とささやかれ始めたのが映画
「ピース オブ ケイク」。

菅田将暉7
今作では綾野剛さんと多部未華子さんが主演のため、菅田将暉さんはほとんど出てこない。
しかし、多部未華子さんが扮する恋ベタ女子・梅宮志乃にキスして
「気持ちいい…」と言わしめる役だけあって、
そのテクニックはさすが。キスするまでのじわじわ迫るシーンもなかなか…。
見ているだけで思わず叫びたくなるようなセクシーさを持っているのだ。
出演時間は少ないのに、
終わったあと、脳裏に残るのはこのキスシーン。
さらに撮影時に彼は21歳頃だと考えると、今後の成長に恐ろしささえ感じる。

「ピンクとグレー」で見せた衝動
「ピンクとグレー」では、夏帆さん演じる幼馴染を目の前に衝動に
駆られ襲おうとするシーンも。

広い意味での「ラブ」が満載のシーンを見せてくれた。
ドラマ「ラヴソング」では藤原さくらさんと弾丸キス
ここでも彼のキスシーンを堪能することができる。

動画はこちら↓ ↓ ↓

関連記事はこちら↓ ↓ ↓

多くの芸能人がサバを読む身長と体重。菅田将暉が魅せるあるがままの姿とは!?

菅田将暉8
なかでも注目されたのが4話のキスシーン。
突然の強引なキスは“弾丸キス”と呼ばれSNSで大興奮の呟きが漏れるほど
(どうやら相手の頭に手を添えて抱きしめた状態でするのがいいらしい)。
その後も菅田将暉さんを見るために、このドラマを見続けたという視聴者も多数だ。

【まとめ】

菅田将暉さんのエロいキスシーン集でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。