星野源は本当はドラマどころではなく再発が心配されていた・・今後病気再発の可能性は?


【星野源】

星野源11

星野源さんの病気再発の可能性は?現在後遺症はある?

2016年はガッキーと共演した「逃げ恥」で大ブレイクした星野源さん↓ ↓ ↓

https://www.youtube.com/watch?v=jhOVibLEDhA

関連記事はこちら↓ ↓ ↓

芸能界の裏話!やはり星野源の彼女は新垣結衣!?二人を2017年に目撃した人物がいた・・

俳優業の他にも歌手としても大活躍されていますし、エッセイの執筆などもされてみえて、
マルチな才能を発揮されていますね。

 

そんな順風満帆そうに見える星野源さんも、
実は過去に恐ろしい病気をしていたりといった
壮絶な過去があるんですね。

星野源さんが注目され始めたのはドラマ『ゲゲゲの女房』らしいですね。

【病気】

星野源10

星野源さんが病気になったのは、
その『ゲゲゲの女房』の出演の2年後、
2012年のことでした。12月22日、クリスマスの直前ですね。

突然頭をハンマーで殴られたような衝撃に襲われ、救急車で運ばれたそうです。
そう、くも膜下出血ですね。

くも膜下出血とは?

くも膜下出血って、いったいどんな原因で発症するのでしょう?
調べてみたところ、多きく分けて3種類のタイプがあるそうです。

1つは、脳の動脈がこぶのようにふくれてそれが破裂する場合。
これは難しい言葉で「脳動脈瘤破裂」と言われます。
40代から50代に多いそうですね。

2つ目は、脳の血管の発生異常によるものです。
脳動静脈奇形と呼ばれるそうで、
血管が変な形をしているので破裂しやすくなっているんですね。
これは30代に多いとか。

そして3つ目は、外傷によって発症する場合です。
事故とかで頭を強く打った場合ですね。

また、くも膜下出血を起こした場合、
同じ家系内でも起こりやすい
と言われていますので、もしかすると星野源さんの
ご先祖様も、くも膜下出血を起こした人がいるのかもしれません。

:

【再発】

くも膜下出血は再発してしまうと
非常に危ない状態になると言われています。
再発で亡くなる可能性は60パーセントだとか。

気になる再発率ですが、半年から1年以内だと
30〜60%の確率だそうです。
さらに、10年後となると
約80%という再発率だとか・・・。

星野源8

再発の理由としては2つあって、1つは
手術のときにもわからなかった血管の損傷が
のちのち破裂してしまうこと。

もう1つは、他にもあった破裂していない動脈瘤が
時間の経過とともに膨れ上がって破裂することですね。

あの「恋ダンス」や現在のパフォーマンスをみてわかるように、

くも膜下出血の後遺症は幸いにもなかったみたいですね!

ただ、星野源さんはくも膜下出血以外にも
パニック障害になっていた時期や、
本人が「モニカ病」と呼ぶお尻の前と局部の
中間点に激痛が走る病気を患ったことがあります。

正式名称は「突発性肛門痛」なのではないか
と言われていますが、正確なところはわかりません。

【まとめ】

星野源さんが再発する可能性が最も高い病気は

もしかすると「モニカ病」かもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。