関ジャニ∞のムードメーカー大倉忠義のドラムの成長は意外な仲間のある一言がきっかけ!?


関ジャニ∞大倉忠義さんのドラマ演技力は?

そんな大倉忠義さん(関ジャニエイト)さんのドラマでの演技力や、
関ジャニ∞で担当しているドラムの実力!

【大倉忠義】

本名:大倉忠義(おおくら ただよし) 愛称:たっちょん
生年月日:1985年5月16日 出身地:大阪府東大阪市
学歴:大阪市立中央高等学校(中退) 血液型:O型
職業:歌手・俳優・タレント・アイドル 身長:180cm
所属事務所:ジャニーズ事務所

関ジャニ∞の中では一番身長が高いです。

【きっかけ】

関ジャニ大倉忠義さんのドラムの実力は?

大倉忠義さんは、関ジャニ∞ではドラムを担当しています。

ドラムを叩くようになったきっかけは、
関ジャニ∞の丸山隆平さんと安田章大さんが、
「大倉はリズム感がある」と言った事がきっかけだったようです。

しかし、1ヶ月で満足に叩けるようにならなければ、
もう一人ドラムを追加してツインドラムとして活動する話も出ていたようです。

メンバーの渋谷すばるさんが「これはチャンスやで。
お前が努力して、大倉ひとりで大丈夫だとなったら、お前の勝ちやで」と
言われた事が励みとなり、
見事ジャニー喜多川社長から合格をもらい、
関ジャニ∞の最後のメンバーとして加入が決まったという経緯でした。

肝心の大倉忠義さんの実力ですが、調べてみた範囲では、
音楽に詳しい人の評判としては、
「技術は普通だがパフォーマーとしては素晴らしい」といった意見が多く、
関ジャニ∞のファンや大倉忠義さんが好きな人の評判は
「たっちょん最高~」「ドラム超上手い」といった感想が多かったですね。

ジャニーズの中ではTOKIOがバンドとしての評価が非常に高く、
大倉忠義さんのドラムはTOKIOの松岡昌宏さん
レベルにはまだまだ達していないようです。

【ドラム】

しかし、大倉忠義さんの成長は止まりません!!

まず、スマートになりました。身体だけではなく、動きが。

スティックを自分の意図で動かす、という当たり前のことですが

振り回されずにできるようになりました。

 

先に「ドラムの掟はテンポを守ることです。

今の時代、ドラムの音はいくらでも作れます。
でも、これはセンスの問題なんでしょう。

テンポ守ってても本当につまらないドラムがあるんです。機械みたいな。
大倉さんは今でも時たまテンポ走らすけど、それが理由ではないけど、

断じて機械のような演奏はしません。
歌ってるんです、ドラムが。そこにメロディーがあるんです。

:

【まとめ】

大倉忠義さんがドラムを始めたきっかけはいかがでしたか?

仲間の支えがあったのでチャンスをつかむことができたのでしょうね。

また大倉忠義さんにはジャニーズの大先輩松岡昌宏さんみえるので

これからもメロディーがあるドラムを叩いき続け

ファンの方を魅了してくれるでしょうね!!

そんな大倉忠義さんの活躍にこれからも期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。