山崎樹範 吉井怜 結婚


【電撃結婚】

 

山崎樹範さんと
吉井怜さんが,
2016年

11月11日に
入籍されました。

 

ずいぶん前に
お仕事をされて
出会い、昨年友人を
介して再会し

 

交際する運びと
なったようで
交際期間は1年です。

 

【お二人の想い】

 

山崎樹範さんいわく、
「彼女は

とても家庭的で
自身も

お仕事をしながら、

 

だらしない
私を献身的に
サポートして
くれます」

 

 

「なによりコロコロと
笑う彼女の笑顔に
癒されています」と
非常に仲睦まじげな様子!

 

そして吉井怜さんの
山崎樹範さんに
対する思いは、

 

 

「山崎樹範氏は優しさと
ユーモアに溢れ、
何かと考えすぎる私を
受け止め前向きな

 

気持ちに
変えてくれます。」

 

 

「いつも素直な
自分でいられ、

 

自分には難しいと
思っていた結婚
というものが、

 

彼と出会い
自然なことだと
思えたのです」

と、コメント!

 

 

「結婚が自然なこと
だと思えた」
と言えるくらいの
仲なので、相性が良く、

 

お互い居心地の良い
関係だったことが
分かりますね。

 

 

【吉井怜さんが

背負ったもの】

 

 

吉井怜さんはかつて
トップアイドルとして
活躍していましたが、

 

18歳の時に
白血病を発症・・・

 

髪の毛も抜けおち
生命の危機にさらされ、

 

人生に絶望し
大変な時期を
過ごしてきました。

 

 

骨髄移植をし
奇跡的に
助かったという
過去があります。

 

 

白血病と言えば、
血液のガンですから
相当痛いそうです。

 

 

急性白血病で
亡くなった方も
たくさん

みえます。

 

そんな

彼女の事情を
知って

みえる方や、

 

そうでない方も
2人を見て
祝福の声を
あげてみえました。

 

この2人の
結婚を知った、
世間の声も
「癒される
カップル」

 

と言い
祝福一色です。

 

また結婚したことに
驚いた方も
多かったかと
思いますが、

 

山崎樹範さんが
43歳
ということに、

 

驚いた

という方が
多かった

ようです。

 

本人も
「私が

結婚できる

なんて」
と控えめな

コメントを
残して

みえますが、

 

そんな性格が
どなたからも
祝福され
高感度がある

 

要素なのかも
しれませんね。

 

【山崎樹範氏が

ブレイクする

きっかけとなる

出来事】

 

山崎樹範さんと
言えば、
ドラマや
バラエティ番組、
声優として
活躍されて

みえます。

 

 

俳優の先輩
八嶋智人さんの
結婚式の二次会の
スピーチで

 

グダグダに
なってしまった
ところを

 

たまたま
居合わせた
映画プロデュサーの
目にとまり、

 

当時連ドラだった
『天体観測』
の出演が
決まったそうで、

 

連絡をもらい
トイレで
号泣した
みたいです。

 

 

【お二人の将来】

 

はたして
吉井怜さんは
白血病後に
妊娠・出産で
子供はできるのか?

 

 

白血病が
完治して
正常な
生理があれば、

 

 

妊娠や出産は
普通にできますが、

 

 

抗がん剤治療の
副作用の影響で
閉経したり、

 

生理が止まって
しまうことも
あるので、

 

 

その場合は
妊娠や出産は
なかなか難しく、

 

 

また骨髄移植の
場合には

 

閉経する確率が
比較的高いと
言われています。

 

 

吉井怜さんが

白血病の影響で
現在どのような
状況かは
わかりませんが、

 

そもそも2人が
子供を望んで
いるかも
わかりませんし、

 

芸能界には
唐沢敏明氏&
山口智子さん
夫婦のように

 

子供を
持たない選択をした
夫婦もたくさん
いますので、

 

山崎樹範氏と

吉井怜さんが、
幸せなのが
何よりもの
ことなので、

 

末永くお幸せに!

 

そして

「日々笑顔の
絶えない家庭を」
とおっしゃって
みえた抱負も抱え

 

順風満帆な
結婚生活を
おくって
もらいたいですね

 

【まとめ】

 

・山崎樹範氏の

お相手は

吉井怜さんで、

 

吉井怜さんは

白血病でした。

 

お読みになって

頂けた通り

現在のお二人は、

 

それぞれの

苦難を乗り越え、

 

助け合い

今後の人生を

共にすることを

決められました。

 

・エピソード

を聞き、

 

伴侶がいて

くれるだけで、

 

❝精進できる❞

 

そんな気持ちに

させられる

お話でした。

 

 

山崎樹範氏には、

 

これからも

お仕事を

 

頑張って

いただき

たいですね。

 

 

最後まで

読んでくださり

ありがとう

ございました。

 

スポンサードリンク