蓮佛美沙子 べっぴんさん


【連続テレビ

ドラマ小説】

 

2016年
10月3日
から始まった

 

連続テレビ
ドラマ小説

 

『べっぴんさん』

 

のメインキャストの
蓮佛美沙子さん。

 

【プロフィール】

 

蓮佛美沙子さんは
1991年
2月27日生まれで
鳥取県出身です。

 

珍しい名字なので
お寺関係かと
思いきや、

 

鳥取の
昔の地名だそうで
全く違うようです。

 

【転機】

 

女優の
竹内結子さんの
ファンだった

 

蓮佛美沙子さんは

オーディションに

応募。

 

 

4万人の中から
グランプリに
選ばれました。

 

なんと合格理由が
“田舎っぺだったから”

だそうで審査員に

 

「一番の田舎っぺを
選びました」
言われ

 

私じゃないと
思っていたら、

 

自分が
グランプリだったと
明かしています。

 

 

そして
蓮佛美沙子さんは
15歳の時に、

 

映画「転校生」
で初主演し、
日本映画新人賞を
受賞しています。

 

【進化】

 

大学卒業後は
仕事に
専念しているようで

 

映画やドラマに
出演する機会が
増えています。

 

 

去年ドラマ4本!
瞬く間に
若手ナンバー1女優と
呼ばれていましたが、

 

 

しっかり経験を
積んできた
結果でしょうね。

 

【評価】

 

映画監督の
大林宣彦氏は
蓮佛美沙子さんの
演技について

 

「非常に情熱的に
役を演じることが
できる」

 

「それと同時に
冷静に客観視して
分析できる」

 

「それが
蓮佛美沙子の魅力」
だと
おっしゃってみえます。

 

 

そんな

蓮佛美沙子さん

が出演する,
今回スタートした
連続テレビドラマ

小説を手掛けた

渡辺千穂さん

 

についても
お話ししたいと

思います。

 

【プロフィール】

 

2002年に
テレビドラマ

『天体観測』で,
脚本家デビュー

しました。

 

他にも
『パパと娘の
7日間』や

 

『だいすき!!』、
『赤い糸』
『名前を失く
した女神』

 

『最高の人生の
終わり方
~エンディング
プランナー~』

 

『ファースト
クラス』

 

など数々の作品を
世にだした
渡辺千穂さん。

 

夫は有名
フリーアナウンサーの
羽鳥慎一氏で、

 

羽鳥氏は
再婚のようです。

 

羽鳥氏は
2012年に
前妻と離婚し、
2014年夏に結婚。

 

渡辺さんは
2016年
1月に出産し、

 

10月から
連続テレビ
小説スタートと、

 

少し慌ただしく
過ごしましたが、

 

いよいよ
脚本家としての
力量を試される
時が来ました。

 

 

彼女は今回の作品で、
羽鳥氏の嫁として
認識されるのではなく、

 

『一人の脚本家』

 

として
認められたい

そうです。

 

脚本家の

渡辺千穂さんは
1972年
10月18日生まれで、
東京都出身です。

 

 

若手ナンバー1女優

蓮佛美沙子さんと
実績のある脚本家、

 

渡辺千穂さんが
タッグを組み、

 

旋風を
巻き起こすこと
ができるか
注目してみましょう!

 

【まとめ】

 

・蓮佛美沙子さんの

魅力は、

 

映画監督大林宣彦氏が

おっしゃって

みえたことを

記載した通りです。

 

・脚本家は渡辺千穂さんです。

 

・デビューの

きっかけは

憧れてみえた

女優さんに、

 

近づこうと

応募した

オーディション

に合格されたこと。

 

でしたよね

 

 

最後まで

読んでいただき

ありがとう

ございました

スポンサードリンク