NBAプレーオフ結果!


【キャバリアーズVSペイサーズ】

日本時間4月24日に行われたクリーブランドキャバリアーズ対インディアナペイ
サーズとの第4戦は、クリーブランドキャバリアーズ106-インディアナペイサーズ102で
クリーブランドキャバリアーズが勝利しました。

最高7戦あり4戦先勝で勝ちあがれるプレーオフトーナメント!!
昨年の覇者クリーブランドキャバリアーズが無敗で一回戦を勝ち上がりました。

第4戦の勝因はインディアナペイサーズのエース、ポール・ジョージをわずか15
得点に抑えたところにあるでしょう。

ポール・ジョージは第3戦までの平均得点32得点でした。
マッチアップをしたレブロンジェームスは出場時間44分でおよそ1Q
(バスケットボールは4Qに分かれていて前半が1Q、2Qの12分ずつ後半
が3Q、4Qの12分ずつとなっています。)1分程度の休憩で4Q戦ったことに
なります。その中で相手エースにマッチアップして相手エースをディフェンスして
15点に抑える中、オフェンスでは33得点してしまうという縦横無尽の活躍を魅
せたレブロン・ジェームス!!

プレーオフ2回戦、カンファレンスセミファイナルでの活躍に期待です。

【ロケッツVSサンダー】

ヒューストンロケッツ対オクラホマシティサンダーの試合は、ヒューストンロケッ
ツ113-オクラホマシティサンダー109でヒューストンロケッツが勝利し戦績
を1-3にし、ヒューストンロケッツが一回戦突破に王手をかけました。

オクラホマシティサンダーのエース、ラッセルウエストブルックは82試合あるレ
ギュラーシーズンの成績をトリプルダル(各スタッツ部門、得点やリバウンド、ア
シスト、ブロック、スティールなど)で締めくくりました。トリプルダブルとはス
タッツで二桁を3部門で記録するとトリプルダブル達成となります。

ラッセルウエストブルックの場合、31,6得点、10,7リバウンド、10,4
アシストという成績で52シーズンぶりの快挙を成し遂げています。
そのラッセルウエストブルック率いるオクラホマシティサンダーは
全員バスケで攻めるヒューストンロケッツを倒すことができるのか?注目です。

【セルティックスVSブルズ】

レギュラーシーズンをイースタンカンファレンス1位で突破したボストンセルティ
ックスは8位の成績でプレーオフに進出したシカゴブルズに2連敗を喫し追い詰め
られていましたが、第3戦に勝利しなんとか首の一皮つなぐかたちとなりました。

第4戦も勝利をおさめましたが第3戦、第4戦と欠場したレイジョンロンドの不在
が影響しているのかもしれません。欠場が続くのであればレギュラーシーズンの成
績を28,9得点、2,7リバウンド、5,9アシストと残したアイザイアトーマ
ス率いるボストンセルティックスが有利になるかもしれません。

【クリッパーズVSジャズ】

ロサンゼルスクリッパーズ対ユタジャズの対戦シリーズはカンファレンス順位4位
通過してホームコートアドバンテージ(NBAの試合は本拠地で試合できるのがホー
ム、相手本拠地での試合がアウェイと言ってレギュラーシーズンで上位4チームの
成績を残したチームが対戦シリーズで3回行うホームの試合にさらに7戦目の試合
もホームの試合を取得できる)を持っているロサンゼルスクリッパーズが対戦成績を
2-1とリードしていましたが、ユタジャズが105対ロサンゼルスクリッパーズ
98という結果で対戦シリーズを2-2としました。ディフェンスに定評のある両
チームがいかにして勝ち上がるか…、注目です。