NBAプレーオフ速報!ウォリアーズがスィープ!ラプターズは3-2と王手へ!


【ラプターズVSバックス】

対戦成績が2-2だったトロントラプターズVSミルウォーキーバックスの第5戦
は、トロントラプターズのホームゲームでホームのトロントラプターズが118対
93で勝利し、一回戦突破へ王手をかけました。

オールスターガードのダマーデローザンとカイルローリーの二人が普段通りの成績を残せたことと、
レギュラーシーズンの途中でチームに加わったディフェンスの名手サージイバカがディフェンス面
で貢献しミルウォーキーバックスのベンチ陣を21得点に抑えたこと。

ラプターズのベンチ要員のノーマンパウエルが25得点したことが勝因なのではないでしょうか。
ノーマンパウエルは第3戦から勝ち試合も負け試合も平均して20分ほど出場してリズムを
つかめていたのかもしれません。

またバックスは今季オールスターに初選出したヤニスアテトクンボだけでなくシーズン中怪我に苦
しんでプレーオフ直前に復帰したクリスミドルトンの活躍が勝敗を左右するかもし
れません。トロントラプターズもエースのダマーデローザンとカイルローリー以外
の選手の活躍が勝敗をわけることでしょう。

トロントラプターズのヘッドコーチ(監督)、ドウェインケーシーとミルウォーキー
バックスのヘッドコーチ(監督)のジェイソンキッドの采配にも注目しても面白いですね。

【ウィザーズVSホークス】

2-1とワシントンウィザーズリードして迎えたアトランタホークスとの一戦では
アトランタホークスのホームでアトランタホークスが111対ワシントンウィザー
ズ101と2連敗していた中2連勝と戦跡を2-2のタイに戻し第5戦へ弾みをつ
けるかたちとなりました。ベンチスコアがウィザーズ23得点に対してホークス3
2得点とかたよらずスコアできたホークスに軍配が上がったといった感じでしょう
か。しかし、ホームコートアドバンテージ(どのチームも本拠地で戦える試合を3回
もつ中、7戦目の試合を本拠地で戦えること)を持つウィザーズが有利であることに
変わりはないのかもしれません。

リーグの代表的選手へ成長を遂げたワシントンウィザーズのエース、ジョンウォー
ルと昨夏日本へ来日し勢いに乗るブラッドリービールがチームを引っ張り、オール
スター(リーグでもトップレベルにある選手が選ばれる祭典)ガード二人のダマーデ
ローザンとカイルローリーを率いるトロントラプターズに立ちはだかり、ホームコ
ートアドバンテージを活かし一回戦を突破できるか…注目です。

【ウォリアーズVSブレイザーズ】

3-1とシリーズに王手をかけたゴールデンステイとウォリアーズ対ポートランド
トレイルブレイザーズの一回戦は第1Qからトレイルブレイザーズを22得点に抑
えこみ45得点したウォリアーズが23得点リードし、相手につけいるスキをあたえず完勝しました。
またチームの絶対的エース、ステフィンカリーは37得点と大爆発し
ディフェンスへの意識の高さがカンファレンスセミファイナル進出に進めた要因でしょう。

今シーズンからウォリアーズに加入し悲願の初優勝を狙うケビンデュラントの
出場時間をコントロールして試合に勝てたことは大きな収穫で、
スイープ(4戦でケリをつけること)で2回戦にのぞめることは大きなプラスになるはずです。
万全の状態で対戦相手が決まるのを待つ…理想の状態ですね。