北川景子がすっぴんで通夜に行った理由、動画あり!?隠された本性


【通夜】

北川景子

 

北川景子さんが恩師森田芳光氏の葬儀に参列された際、

通夜にすっぴん姿で訪れたのは5年前。

 

北川景子さんと森田芳光監督との出会いは、

北川景子さんが雑誌や「セブンティーン」などでモデルの

お仕事をされてみえるかたわら、女優を目指すべく舞台や

映画のオーディションを受けまくってみえた時期にお会いされたみたいです。

最初にお会いされたオーディションで森田芳光監督から

「私が誰だかわかりますか?」と質問された際、「わかりません」と答えてしまい

北川景子さんご自身は、落ちたと思われたそうですが、見事合格されました。

「間宮兄弟」だけでなく「サウスバンド」、「わたし出すわ」

という作品でもご一緒にお仕事をされました。

北川景子さんはコメントを残されてみえます。

「全然演技の経験もないんですけど、

ひろって下さってそこから女優の生活が始められたので

本当に恩師のような存在だと思っていますし、

もう一回お会いしたかったのでとても残念です。

私だけでなく日本中のみんなが、

森田監督のおかげで元気になり、幸せになったりしてきたと思うので、

本当にありがとうございました」ととにかくお伝えしたい」と語られました。

北川景子3

【不安】

北川景子さんは、森田芳光氏の事を恩師だと思う理由は、

北川景子さんが「どのような女優になったらいいか」と悩まれていた際、

 

森田芳光氏が「ありのままの北川さんが、すてきだと思う。素直に、

やめないで女優を続けて」とおっしゃってくれたと

北川景子さん自身が、述べられていました。

きっと真っ暗やみの中にいて、灯りが点された瞬間だったのでしょう。

 

また北川景子さんは「そのおかげで頑張ってこれた、とても大きな存在です。」ともおっしゃってみえ、

この出会いが北川景子さんの人生にとって“進むべき道”を照らしてくれたと言っても過言ではないのではないでしょうか。

【すっぴん】

最期は“ありのままの姿”で森田芳光氏を見送りたいと思われても、不思議ではありませんね。

【動画】

申し訳ありませんが、動画はありません。

北川景子5

【隠された本性】

実は弱点が二つあります。一つ目は「食べ方」です。

ほっぺをパンパンのハムスター状態にし、箸の持ち方もお世辞にも

綺麗な使い方をしているとは言えないたいで肘をついて食べられるそうです。

弱点二つ目は「性格」で北川景子さんは、元来サバサバした性格な上に人見知りも激しいそうです。

また思ってもいない事を言えない性格で、感情が表に出てしまいやすいのかもしれませんね。

:

個人的にはそういう不器用なところも、彼女の魅力なのではないかと感じます。

私たちはついつい粗探ししてしまい、北川景子さんの愛嬌を弱点と捉えてしまいがちです。

お互い人間ですから、親近感が持てたらいいですね。

【まとめ】

北川景子さんがすっぴんで森田芳光氏の葬儀に参列された

理由は以前かけてもらった言葉を、素直に受け止めた行動だった

最後まで読んでいただきありがとうございました。