本田翼が演技がひどいのはある趣味が原因だった!?大根役者が一流女優になるためには!?


【本田翼
という人物】

 

本田翼さん
と言えば、

 

テレビドラマ
や映画、CMに
引っ張りだこの
人気若手女優です。

 

 

しかし、
視聴者の方
からの声は
賛否両論。

 

世の中の
方々全員が、

 

本田翼さんを
支持することは
できないので、

 

これは女優
ならではの

 

“宿命”

 

なのかも
しれません。

 

【演技力】

 

元々、
モデル出身の
本田翼さんは、

 

転職をされた
かたちに
なりますから、

 

演技力が
乏しいのも
納得いただける

 

のでは
ないかと
思います。

 

しかも、
本田翼さんは
ゲームが
趣味でした!

 

『撮影が
終わると
真っ先に
自宅に帰られ、

 

ゲームをする』

 

という事が
日課だった
そうです。

 

モデルからの
転職と、

 

どちらが
優先なのか
わからない
生活のリズムは、

 

若き
本田翼さんを
迷わせたと、

 

個人的には
思います。

 

そして私の
個人的な意見に
なりますが、

 

『演技がひどい』
とまでは
思いません!

 

本田翼さんが
出演された
3作品ほど
拝見しました。

 

最初に
拝見させて
いただいた

 

「GTO」
という
テレビドラマ
でしたが、

 

役自体が
あまりテレビ
に映る機会が

 

少ないな
とは
思いました。

 

しかし、それも
本田翼さんの
魅力の一つだと
思いました。

 

少ない
役どころで
卓越された

 

“きらびやかさ”

 

で視線を
惹き付けることが
できる女優は、

 

滅多にみえない
のではないか
と思います。

 

【世間では
ひどい演技力と
揶揄される始末】

 

そして、
それから主演を
演じるように
なられて

 

「恋仲」

 

という作品を
拝見しましたが、

 

『あまり
演技が
上手では
ないのかな?』

 

とは
思いましたが

 

“ひどい”

 

とまでは
思いません
でした。

 

個人差は
あるかと
思いますが
ネット上を見ても、

 

「恋仲」

 

は酷評でした。

 

純愛ものの中でも、

 

「父親の会社が
倒産した事を
誰にも告げず、
影を抱く少女」

 

という役を
“笑顔”が
魅力である
本田翼さんが演じ、

 

『日本中を
元気にして
ほしい』

 

という願いを
込めての
起用だったと
語られています。

 

【拍車を掛ける
究極の
大根役者への道】

 

2016年に
上映された映画
「少女」では

 

今までの
意見を覆すほどの
演技力を魅せた
という声も

 

上がって
いますが、

 

相変わらず
「演技が
不自然すぎる」、

 

「わざとらしくて、
全く感情移入
できていない」

 

などの酷評も
多かった
ようです。

 

また、
100万部を
突破している
ベストセラー小説
でしたが、

 

劇場が
「貸切状態」、

 

「ガラガラ」

 

といった
報告があがり、

 

内容に対しては
絶賛の声が
あがっている
一方で、

 

「終始暗くて
嫌な雰囲気の
映画だった」

 

「ストーリーが
わかりにくいし、

 

展開が
淡々として
いて退屈」

 

などの
厳しい評価もあり
賛否両論の
ようです。

 

私個人の
意見に
なりますが、

 

本田翼さんは
闇を抱いている
役に徹した方が

 

よい演技が
できるのでは
ないかと
思います。

 

ただ、
まだ24歳と
お若いので

 

「棒演技」と
揶揄され
続ける
本田翼さんは

 

大根役者から
脱皮し、

 

一流女優へと
変貌を遂げて

 

ほしいと
個人的には
思います。

 

【まとめ】

 

・本田翼さんは
ゲームが
趣味だった

 

・一流女優に
なるのは
本田翼さんの
心構え次第

 

最後まで
読んでいただき
ありがとう
ございました。