有村架純は心のメイクをしていた。唇を反す(かえ)ことがない性格美人なのは本当?


【有村架純】

 

有村架純さんは
デビューされて
3年後の
2013年に、

 

NHKの
連続テレビ
ドラマ小説

 

「あまちゃん」
でブレイク
されて以降、

 

トントン拍子で
スターダムに
のし上がったように
思われがちですが、

 

母子家庭で
高校1年生の頃から
アルバイトを

されて
みえた
そうです。

 

【心のメイク】

 

母親は
女手一つで
有村架純さんと
お姉さんを、

 

育てて
みえたそう
ですが、

 

自宅を
手放すこと
になり、

 

経済的に
厳しかった
時期が
あったみたいです。

 

お姉さんが
関西で
モデルとして
活動された頃、

 

その影響を
受けた
有村架純さんも

 

芸能界入りを
志すようになり、

 

週に6日
蕎麦店や

寿司店で
働き、

 

上京するための
資金を自分で
貯められた
みたいです。

 

このことから
有村架純さんは
親に従順な子

 

であったことが
わかりますね。

 

また、
アルバイトでは

 

「自転車で
転んでヒザから
下が血まみれ
になっても

 

出勤してきた」

 

「高熱でも
平気な顔で
働いていた」

 

という
エピソードを
お持ちで、

 

心が強い子で
あったことを
物語って
います。

 

【唇を反さない】

 

従順で
心が強い方
ですから、

 

事務所との
信頼関係は
非常に強く、

 

“大々的に
売り出そう”

 

となった際は
全力で応え、

 

寝るヒマも
ないような
多忙状態でも、

 

グチひとつ
こぼすことなく

 

お仕事を
されてみえる
みたいです。

 

ご立派ですね。

 

一本の映画で
興行収入
20億円以上は、

 

私には正直
想像もできない
ような額ですし、

 

「すごいな」とは
思います。

 

それだけ
若い世代の方々に
影響を
与えてみえる

 

という事ですね。

 

忘れては
ならないのが、

 

外見は
有村架純さん
のように

 

美しく
ありませんが、

 

私たちも
人並みに苦労し
生活されてみえる
ということです。

 

だから私は、
別に有村架純さんを
真似て

 

メイクしなくても
いいのでは
ないかと思います。

 

それよりも
自分の顔に合った
メイクを
心がけた方が

 

綺麗になれる
のではない
でしょうか。

 

十人十色
なんですから、

 

“自分を磨くこと”

 

にフォーカスを
おかれた方が
重要だと
思いますし、

 

なにより
楽しいと
思います。

 

性格は
変わりませんが、

 

思考は
変えることが
できます。

 

どうあがいても
有村架純さんに
なることは
できません。

 

しかし、
人生は続きます。

 

自分が
主役なわけ
ですから、

 

自分の事を
もっともっと
好きになれる
ようになれば、

 

世界が違って
みえるとは
思えませんか?

 

『憧れること』

 

 

『真似ること』

 

は似ていますが、
全く違います。

 

憧れることから
得られる結果
として、

 

“原動力”
という
ものがあり

 

それは次第に
推進力へと
変化するかと
思いますが、

 

真似をする
ということから
得られる結果は、

 

ただの

 

“満足感”

 

しか得ることは
できません。

 

そこからは
きっと何も
生まれませんし、

 

発展も
しないでしょう。

 

憧れることと
真似ることとを
履き違えると、

 

前進できない
かと思います。

 

【まとめ】

 

「有村架純さん」
という
職業は
ありません。

 

有村架純さんは
多忙でも
悪口を
こぼさない、

 

性格の
持ち主である。

 

最後まで
読んでいただき
ありがとう
ございました。